FC2ブログ

アメリカ黒人の悲しい歴史とは?



黒人初の大統領になってオバマさん。
(オバマさんに期待されている事とは? - 森の勉強会)
白人と黒人の両方の血を引いているのですが、オバマさん本人は、
「私は黒人」だと言っています。
そこにはアマリカの黒人の悲しい歴史が関係しているようです。
調べてみました。
以下俺まとめメモ

アメリカ黒人の歴史
・1492年、ヨーロッパの冒険家コロンブスがアメリカ大陸にやってくる。
・その後、ヨーロッパの色々な国の人が移り住み始める。
・新しい土地では、畑を作るなど、たくさんの人手が必要。
・そこで、アフリカにいた黒人をムリヤリ連れてくることに。
・黒人は奴隷として、主にアメリカ南部の畑で働かされる。
・黒人を奴隷として働かせることはやめようという声が、アメリカ北部で高まり始める。
・南部では、奴隷を使い続けたいという声が多い。
・南北戦争がおこる。
・1863年、リンカーン大統領による奴隷解放宣言。
・2年後、北部が勝ち、黒人の奴隷が自由になる。
・しかし、その後も南部では黒人に対する差別が残る。
・キング牧師が奴隷解放運動を始める。
・1964年、全ての差別を禁止する法律「公民権法」が作られる。

公民権法が作られてからは黒人にも平等にチャンスが与えられ、
世の中で活躍する黒人が増えていきましたが、今でも問題はあります。
奴隷時代の影響で貧しい家庭が多く子供に良い教育を受けさせることができない。
それによって仕事が就く事ができず、産まれてくる子供も貧しいという悪循環。

などの事から黒人のオバマさんが大統領になった事には特別な意味があると思います。
いろんな人種が集まるアメリカ。
大変だとは思うけどみんなが仲良く暮らせる社会が出来るように
がんばってもらいたいですね。


人気ブログランキングへ

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

コメント

非公開コメント

本当にそうですね

在米です。
まだまだ私たちマイノリティーの人種に対しての差別はあります。
ただ、刻々とその状況は変わってきていると私も感じています。
黒人と白人の間に生まれた人間が「黒人」と称するのは、人それぞれだとは思いますが、こういう状況で「私は白人だ」と称する人は未だお目にかかっていません。ww
ちなみに私の息子は私日本人と主人ジャマイカンの間の子ですが、将来彼が自分をどのように称するのか・・楽しみですね。

>MJさん

遠くからコメントありがとうございます!
正直日本にいる私には人種差別を考える事があまりませでしたし、
黒人差別も「ある」というのは知っていたのですが、
実際いかなるものか今回調べるまで知りませんでした。
とても根深いものがあるみたいですね・・・。
勉強になりました。
MJさんのお子さんの代には何も気にせずに
暮らせるようになっているといいですね^^
ブックマーク

ブックマークプラス by SEO対策

プロフィール

GYRO

Author:GYRO
わからない事や疑問に思っている事をネットだけを使って調べ、自分を納得させるブログ。

当ブログについて

カテゴリ
スポンサーサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
コミュニケーション
あわせて読みたいブログパーツ
RSS
検索フォーム
オススメ文庫
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
↑投票してもらえると嬉しくて更新がんばれます
リンク
リンクフリーです。相互リンクの申し込みはコメントかメールフォームからお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SEO

PING送信プラス by SEO対策


  • seo

track feed 森の勉強会
相互リンク美容整形