スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥インフルエンザ



愛知県でまたもや鳥インフルエンザが発生しました。
これにともなってウズラの成鳥約28万羽が殺処分されてしまうそうです。
人間に感染したら大変なことになるそうです。
詳しく調べてみましょう。
以下俺まとめメモ

鳥インフルエンザとは

A型インフルエンザウイルスによる鳥類の病気のこと。
家禽類のニワトリ・ウズラ・七面鳥等に感染すると非常に高い病原性をもっていて、現在、世界的に養鶏産業の脅威となっているのはこのウイルスである。


症状

感染した家禽類は突然の死亡率の上昇があり、高い場合には100%に達する。臨床症状は産卵低下又は停止、神経症状、下痢等であるが、甚急性例ではこれらの症状を示す間もなく死亡する。

人への感染

鳥インフルエンザウイルスは、鳥から鳥に感染するものであり、まれに人に感染することがあるが、ヒトインフルエンザウイルスと異なり、ヒトからヒトへの感染拡大は確認されていない。
しかし、鳥インフルエンザウイルスの感染が広域化・長期化しているため、豚やヒトの体内で突然変異する危険性が高まっている。
2005年には世界各地で流行している鳥インフルエンザが、いつ突然変異で新型ヒトインフルエンザになって世界的な大流行(パンデミック)を起こしてもおかしくないと警告している。そうなった場合、最大で5億人が死亡すると試算されている。

対策

鳥インフルエンザウイルスが変異して人に感染する「新型インフルエンザ」が大流行した場合、一時的な対策としてウイルスの増加を抑制するノイラミニダーゼ阻害薬であるオセルタミビル(商品名タミフル)とザナミビル(商品名リレンザ)が有効であろうと期待されている。
現在、日本のワクチン備蓄量は

・抗インフルエンザウイルス薬(タミフルなど、毎年流行する通常のインフルエンザの治療薬)…… 国と都道府県で約2,900万人分。

・プレパンデミックワクチン(現在流行している鳥インフルエンザに対するワクチン)…… 2,000万人分

国の推計によれば、新型インフルエンザが大流行した場合、国内では4人に1人=約3,200万人が感染、最大2,500万人が医療機関を受診、同64万人が死亡。現在2,000万人分しかないワクチンは今後、3,000万人に増やす方向だが、それでも感染者の数に200万人ほど足りない計算になるとしている。

むむむ、パンデミックしちゃった場合の国の対策は期待出来ないみたいですね。
「過労や寝不足を避ける」「手洗い・うがいをする」などの防衛策を日頃から徹底するしかないみたいですね。

トリインフルエンザ - Wikipedia
国民の皆様へ(鳥インフルエンザについて) - 農林水産省


人気ブログランキングへ

テーマ : 謎だらけ
ジャンル :

コメント

非公開コメント

ブックマーク

ブックマークプラス by SEO対策

プロフィール

GYRO

Author:GYRO
わからない事や疑問に思っている事をネットだけを使って調べ、自分を納得させるブログ。

当ブログについて

カテゴリ
スポンサーサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
コミュニケーション
あわせて読みたいブログパーツ
RSS
検索フォーム
オススメ文庫
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
↑投票してもらえると嬉しくて更新がんばれます
リンク
リンクフリーです。相互リンクの申し込みはコメントかメールフォームからお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SEO

PING送信プラス by SEO対策


  • seo

track feed 森の勉強会
相互リンク美容整形



Copyright © 森の勉強会 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。