FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R指定って何?



映画やレンタルの時によくあるR指定。
年齢的にもう引っかからないので気にしていないのですが、
そもそもRってなんの意味でしょうか?
またR指定は誰が決めているのでしょうか?
調べてみました。
以下俺まとめメモ

映画のレイティングシステム(rating system)とは、映画鑑賞の際にその映画を見ることが出来る年齢制限の枠、及びその規定。欧米を始め、多くの国で規定されており、日本では映倫維持委員会が定め、第三者機関として映倫管理委員会により実施・管理する映倫規定が用いられている。
日本のでは、1976年から中学生以下の鑑賞には成人保護者の同伴が必要な映画にR指定が定められていたが、1998年5月より PG-12、R-15、R-18 に区分され、年齢制限の無い一般映画と分けられている。
従来の判断要素は、性的シーンの有無が重要とされた。しかし、1990年代以降、神戸連続児童殺傷事件などの猟奇的な犯罪の発生から、暴力や殺人など、反社会的なシーンの描写についての重要性が高まっている。
Rは"restricted"の略で、PGは"Parental Guidance"の略。

現行の区分

一般

あらゆる年齢層が鑑賞できる。1998年5月以前の一般映画を改定。

PG-12

12歳未満(小学生以下)の鑑賞には成人保護者の同伴が適当。
性・暴力・残酷・麻薬などの描写や、ホラー映画など、小学生が真似をする可能性のある映画がこの区分の対象になる。
ビデオ映画(OVAも含む)の場合は現在のところ唯一、『テディです! TEDDY DEATH』だけでR-15、R-18とは違いほとんど指定されていない。地上波テレビ放送の場合、CSとは違い一般と同様に扱われるケースが多く、新聞の番組表にも「PG-12指定」と表記しない。

R-15

15歳未満(中学生以下)の入場(鑑賞)禁止。単にR指定と表現する場合、これを指すことが多い。
1998年5月以前のR指定を改定。PG-12のさらに刺激度が強いものに加え、いじめ描写も審査の対象になる。また放送禁止用語を使用した作品(寝ずの番、座頭市など)や偽造犯罪(スワロウテイルなど)を題材にした作品も対象となる。ツォツィが同指定になったことが問題になっている。地上波テレビ放送の場合、深夜に放送したり、不適切なシーンをカットするのがほとんどであり、新聞の番組表にも「R-15指定」と表記されることがある。

R-18

18歳未満の入場(鑑賞)を禁止。いわゆる18禁。
1998年5月以前の成人映画を改定。R-15に加え、著しく性的感情を刺激する行動描写、著しく反社会的な行動や行為、麻薬・覚醒剤の使用を賛美するような表現の項目が強調されている。審査拒否でビデオでリリースするケースも少なくない。

結構細かく指定されているな~。
全然気にしてませんでした。
どうやら、ゲームはまた別のようです。

映画のレイティングシステム
人気ブログランキングへ

テーマ : 日常の疑問
ジャンル :

コメント

非公開コメント

ブックマーク

ブックマークプラス by SEO対策

プロフィール

GYRO

Author:GYRO
わからない事や疑問に思っている事をネットだけを使って調べ、自分を納得させるブログ。

当ブログについて

カテゴリ
スポンサーサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
コミュニケーション
あわせて読みたいブログパーツ
RSS
検索フォーム
オススメ文庫
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
↑投票してもらえると嬉しくて更新がんばれます
リンク
リンクフリーです。相互リンクの申し込みはコメントかメールフォームからお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SEO

PING送信プラス by SEO対策


  • seo

track feed 森の勉強会
相互リンク美容整形



Copyright © 森の勉強会 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。