スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーパーツの謎シリーズ - 01 水晶ドクロ



オーパーツといえばこれ、水晶ドクロ。
現代の技術での作る事が出来ないと言われていて、最近ではインディージョーンズ3なんかに出てました。
はてさて、どんなオーパーツなのか。
調べてみました。
以下俺まとめメモ

水晶ドクロとは

水晶で作られた人間の頭蓋骨模型のことである。
現在、十数個が確認されているが、そのほとんどがマヤ文明やアステカ文明、インカ帝国といった中南米の考古遺物とされている。だが、あまりにも精巧に造られているためにオーパーツとして取り上げられ、本当に出土品であるかどうかについて懐疑的な説がある。
どうやら、偽物とされている物も少なくないようです。
では、代表的なヘッジスの水晶ドクロについて調べてみました。
ヘッジスの水晶ドクロ

一般にはイギリス人のF・A・ミッチェル=ヘッジスが1927年にベリーズ南部の古典期の遺跡ルバアントゥンで発見したとされるものを指すことが多い。このヘッジスの水晶髑髏(ヘッジス・スカル、運命の髑髏などとも呼ばれる)は、実物大で、解剖学的にみても精緻に造られている。
カリフォルニア州にあるヒューレット・パッカードの研究所における1970年代の分析結果によると、

・ヘッジスの水晶ドクロは、1個の水晶から造られていて「下顎骨」部分は、取り外し可能である。
・道具による加工痕がない。また、ひびも入っていない。
・水晶の石目を無視して彫られている。
・復顔をした場合、マヤ人と同じモンゴロイドの顔立ちになる。しかし年齢は特定できない。
・制作年代は不明。

とのことであった。このため、オーパーツではないか、と言う憶測を呼んだ。
2008年4月、スミソニアン研究所で精密な調査が行われ、電子顕微鏡による精密な検査によって水晶髑髏の表面にはダイヤモンド研磨剤による切断跡が確認され、この髑髏が制作されたのは19世紀末以降であることが判明し、ベリーズの遺跡で発掘されたものではないことが発覚した。事実、歯の部分やあごの取り付け部に金属ドリルによる加工痕があることが、以前の調査でも確認されている。
この髑髏はもともとセントラルロンドンの美術商シドニー・バーニーが所蔵していた物で、彼は1943年にサザビーズの競売に出品し、当時のサザビーズのカタログにも登録されている。しかし、バーニーは競売にかけられる直前に髑髏の出品を取り下げてヘッジスに400ポンドで売却した。しかも、髑髏を「発見」したとされる日、既にヘッジスはベリーズからイギリスに帰国しており、発見者のアナもベリーズに入国したことが無いことも判明している。また、発掘作業の写真には水晶髑髏の写真はまったく無く、発掘に参加した他の学者も、水晶髑髏の存在を知らなかった。
これらの髑髏の素材となる水晶は硬度の高い物質であり、また割れやすく加工は難しい。現代の道具を用いずとも、時間をかけて磨いていけば人間の手でも髑髏への加工は可能と言われているが、人力による手作業では300年以上はかかるとする見解もあるが、一方では、手作業で半年ほどで制作してしまうグループがいる。
どうやら、嘘のようですね。
いままでオーパーツと言われていた物が技術の発展によって偽物と判明する事もあるようです。
特殊なレンズ効果

ヘッジスの水晶ドクロには特殊な効果がある、と所有者(および支持者たち)は主張している。
・下から光を射すと、眼窩に光が集中する。
その光を凝視していると1分弱で大半の人が催眠状態に陥るという主張もある。
・太陽の光を当てると全体が美しい虹色に光る。
・ロウソクの炎を当てると神秘的な紫色に光る。
この他にも主張者たちは、もし現在の技術や手段を用いて水晶髑髏を造ったとしても、この特殊なレンズ効果は今もって仕組み・構造がわかっておらず、今の最先端技術をもってしても再現は不可能であると主張している。
ただし、これらは実際に学術的な研究や検証などが行われた訳ではなく、また水晶の髑髏による効果とされるもののうちの幾つかは生理現象や物性による説明も可能であり、水晶の髑髏に神秘性を求める者たちの主張の域を出ているわけではない。
「主張している」ってw
光を凝視して催眠状態に陥るって部分はインディージョーンズ3でありました。
漫画「スプリガン」では水晶ドクロに特殊な光をあてると凄い威力のレーザーっぽい物が飛び出てました。
水晶ドクロに纏わる伝承

誰が言い出したのかは分からないが、「水晶ドクロは全部で13個あり、全てが再び一ヶ所に集結した時、宇宙の謎が暴かれる」「2012年までに一箇所に集めないと世界は滅びる」などの迷信や俗説がある。2008年現在は10個ほど「発見」されており、ピンク色の可愛らしいものや、かなりいびつな形をしたものまで様々である。偽物と判明してはいるが、ミッチェル・ヘッジスの髑髏が最も精巧な出来栄えである。
個人的にはこういう伝説が大好きです。
なんか想像するとワクワクしませんか?
でも、偽物ばっかりのようなので宇宙の謎が暴かれる事は無いのでしょう。
それでも、オーパーツの魅力は変わりません。

人気ブログランキングへ

テーマ : 謎だらけ
ジャンル :

コメント

非公開コメント

ブックマーク

ブックマークプラス by SEO対策

プロフィール

GYRO

Author:GYRO
わからない事や疑問に思っている事をネットだけを使って調べ、自分を納得させるブログ。

当ブログについて

カテゴリ
スポンサーサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
コミュニケーション
あわせて読みたいブログパーツ
RSS
検索フォーム
オススメ文庫
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
↑投票してもらえると嬉しくて更新がんばれます
リンク
リンクフリーです。相互リンクの申し込みはコメントかメールフォームからお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SEO

PING送信プラス by SEO対策


  • seo

track feed 森の勉強会
相互リンク美容整形



Copyright © 森の勉強会 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。