FC2ブログ

ハーヴィー・ミルクってどんな人?



今週末から公開される映画「MILK」。
本年度アカデミー賞を受賞したこの映画、実在した活動家ハーヴィー・ミルクの生涯を描いた伝記映画だそうです。
なんでもゲイである事をカミングアウトして政治家になったらしいのですが、どんな人なのでしょうか?
調べてみました。
以下俺まとめメモ

ハーヴィー・ミルクとは?

ハーヴェイ・バーナード・ミルク(Harvey Bernard Milk, 1930年5月22日 - 1978年11月27日)は、アメリカの政治家、ゲイの権利活動家。1977年、サンフランシスコ市の市会議員に当選し、同国で初めて、自らゲイであることを明らかにして、選挙で選ばれた公職者となる。しかし、議員就任1年も経たない1978年11月27日、同僚議員のダン・ホワイトにより、ジョージ・マスコーニ市長とともに同市庁舎内で射殺された。この事件の裁判で、ホワイトはわずか7年の禁固刑を宣告され、この評決に激怒した同性愛者らが、サンフランシスコで広範囲にわたる暴動を起こした。1999年には「タイム誌が選ぶ20世紀の100人の英雄」に選出されている。
ゲイの政治家って日本にいましたっけ?いないよね?
それだけ凄い事なんだと思います。
それにしても射殺!?。いったい何があったのでしょうか?
詳しく調べて行きます。
前半生

ハーヴェイ・ミルクはニューヨーク州ウッドミアで生まれ、1951年にニューヨーク州立大学アルバニー校を卒業し、米国海軍に入隊した。名誉除隊したが、後の選挙運動中に、軍隊で数多く行われた同性愛者粛正の犠牲者となった、と語っている。
海軍での勤務の後、当時の多くのゲイと同じように、1972年にミルクはサンフランシスコに引っ越した。 彼はパートナーのスコット・スミスと居を構えて、カストロ・ゲイ・ヴィレッジでカメラ店カストロカメラを開いた。
彼は共同体のリーダーとして頭角を現すと、地元の商人から成るカストロ・ヴァレー協会を設立し、市役所と渡り合うときの近隣の事業主の代表となった。
ゲイ・ヴィレッジというのは同性愛者が集まる地域の事だそうです。
まだこの時代は肩身が狭かったのでしょうか。
公職

ミルクはサンフランシスコ市議会議員選挙で2度、カリフォルニア州議会議員選挙1度落選を経て、1977年の3度目の立候補でやっと市議に選ばれた。ミルクはゲイであることを公表した人として初めて合衆国の大都市の公職に選ばれた。また全米公職者としてはキャシー・コザチェンコとイレイン・ノーブルに続いて三番目だった。
彼は11ヶ月の在職期間中に、犬の糞の放置に罰金を科した有名な条例や、市の同性愛者権利法案を後援した。また、ブリッグス州上院議員の支援で制定を目指していた、教職にある同性愛者をその性的指向を理由に解雇できるとする「条例6」の破棄に尽力した。条例6は1978年11月にカリフォルニアの住人によって完全に否決された。
ずっと同性愛者達の味方だったみたいですね。
暗殺

ミルクは、前の執行委員ダン・ホワイトによって1978年11月27日に市庁舎でジョージ・マスコーニ市長とともに射殺された。
ホワイトはそのわずか数日前に、財政的な困難と政治的な挫折のために辞職していた。支持者の助言により再任に努め、マスコーニ市長も最初は再任を約束したものの、ホワイトには再任命される法的資格がないという事で、ホワイトの代わりに連邦住宅官ドン・ホランジーが任命された。
これを知ったホワイトは、銃と予備弾薬10発を持ち、発見されるのを避けるため開いている地階の窓を通って市庁舎に入った。市長の執務室に入ると、ホワイトはこの裏切り行為についてマスコーニを問い詰め、マスコーニを撃った。
ホワイトは銃に再び弾丸を込めて、市役所の反対側に進んだが、そこで彼はミルクと出会った。ホワイトが主張するところでは、ミルクは薄笑いを浮かべて、ホワイトの代わりにドン・ホランジーを任命する決定は「残念だ (too bad)」と彼に話したとされる。ホワイトはミルクの胸と頭を合計2回撃った。
ミルクの葬儀の晩に自然発生したキャンドルライトによる追悼の通夜に何千人もが参加した。
ホワイトさんは窓から侵入して予備の弾丸までもっていたのに計画的な殺意は否定したらしいです。
それにしても、ホワイトがミルクを殺すってなんか話出来すぎてないですか。
裁判

ホワイトは責任軽減が認められた上で、計画的殺意のない殺人で有罪とされ、7年8ヶ月の禁固刑を宣告されたが、この判決は同性愛者に対する偏見に基づくものであり寛大すぎるとして広く非難された。
弁護士たちは、彼らが「ゲイに賛成的」とみなした者が陪審員になることを阻止した。そしてホワイトが鬱状態であった証拠として、いつも健康を気にしていたホワイトがジャンクフードを過剰に消費したことにより、正常な精神状態ではなかったと主張した。
ホワイトは5年の間服役し、仮釈放となった。彼の服役中、彼の妻は二人目の子供を出産していたが、その子供は障害を持って生まれたことにより、ホワイト自身は殺人への神罰だと考えた。
仮釈放の1年後にサンフランシスコに戻ったが、当然ながらホワイトは歓迎されず、3人目の子供も授かったものの、結局1985年に妻の家のガレージで自動車の排気ガス吸引により自殺した。
この判決を見るとミルクの努力は報われなったのでしょうか。
ホワイトの最後も当然の末路ですが、なんだかかわいそうですね。
ホワイト・ナイトの暴動

判決の後に、ゲイコミュニティーは後に「ホワイト・ナイトの暴動」として知らるようになる暴動に突入した。
評決が聞かれるやいなや、知らせがゲイコミュニティー中を走り、人々の集団が官庁街に向かって速く歩き始めた。
1984年制作のドキュメンタリー映画『ハーヴェイ・ミルク』によれば、激怒した群衆は復讐と死罪を要求して警官に叫び始めた。それから、暴動が始まった。 暴徒は多くの警察車両に火をつけ、バスの架線を引き裂いて交通を混乱させ、自動車や商店の窓を破壊し始めた。この暴動が元で160人以上の人々が負傷し入院した。
ん~、とても良い話のようではあるのですが、やりすぎましたねw
遺産

ハーヴェイ・ミルクはゲイコミュニティーとゲイの権利運動の殉教者であると広く見なされている。
ミルクは以前から暗殺の危険を察知しており、その場合に再生されるようにいくつかの音声テープを録音していた。それらのテープの1つには「もし一発の銃弾が私の脳に達するようなことがあれば、その銃弾はすべてのクローゼットの扉を破壊するだろう」(= もし私が暗殺されるようなことがあれば、それはこれまで隠れていたすべてのゲイの者たちをカミングアウトさせることにつながるだろう)という、有名な彼の文が含まれている。
暗殺を察知してメッセージを残しておくなんて、ちょっとカッコイイじゃないですか!
この人の人生はとてもドラマチックでしたね。
映画『MILK』。見たいな~。


人気ブログランキングへ

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメント

非公開コメント

日本にゲイの政治家はいます

>ゲイの政治家って日本にいましたっけ?いないよね?

いますよー。元大阪府議会議員の尾辻かな子氏は
議員時代にカミングアウトしました。
TVにも出てます。有名ですよ。

ゲイ=男性同性愛者
という意味でいってらっしゃるなら別なのですが。
(ゲイには女性同性愛者も含む概念もあります)
ブックマーク

ブックマークプラス by SEO対策

プロフィール

GYRO

Author:GYRO
わからない事や疑問に思っている事をネットだけを使って調べ、自分を納得させるブログ。

当ブログについて

カテゴリ
スポンサーサイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
コミュニケーション
あわせて読みたいブログパーツ
RSS
検索フォーム
オススメ文庫
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
↑投票してもらえると嬉しくて更新がんばれます
リンク
リンクフリーです。相互リンクの申し込みはコメントかメールフォームからお願いします。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SEO

PING送信プラス by SEO対策


  • seo

track feed 森の勉強会
相互リンク美容整形